帯広市 林歯科医院   小児歯科 審美歯科 インプラント 歯周病治療 口腔外科

ホーム サイトマップ お問い合わせ 帯広 歯科 審美歯科 インプラント
帯広 歯科 審美歯科 インプラント
診療のご案内
タイトル
林歯科医院
インプラントとは
林歯科医院
インプラント施術例
林歯科医院
インプラントQ&A
林歯科医院
審美歯科
林歯科医院
ホワイトニング
林歯科医院
ホワイトニングQ&A
林歯科医院
オフィスホワイトニング
林歯科医院
歯周病治療
林歯科医院
PRP


 
インプラントとは
 
オフィスホワイトニングは歯科クリニックにて行われるホワイトニングの事で、ホワイトニング剤に光を照射して短期間で治療が済み、いち早く効果が実感できるというのが特徴です。
なお、最近では、正面から見える歯を全部(上6〜8本、下8〜10本)を 一度に照射できるライトが主流です。
 
 
オフィスホワイトニング
 
BEYONDホワイトニングシステム
ビヨンドシステムは、アメリカで開発されたホワイトニングシステムで、すでに世界中で100万人以上の方が歯を美白しています。喫煙やコーヒー、紅茶、また薬などによる歯の変色、老化や遺伝による黄ばみにも優れた効果があります。
BEYOND
美白剤の主要成分は過酸化水素で、十数年以上安全物として使用されています。
当医院のホワイトニング
 
 
ビヨンドシステムのオフィスホワイトニングの手順
 
1step
カウンセリング オーラルチェック シェードテイキング
ビヨンドライトを用いたオフィスホワイトニングはビヨンドシステムを導入している歯科クリニックのみにて行われます。ビヨンドシステムによるオフィスホワイトニングでは、はじめに十分に納得のゆくまでカウンセリングをし、ホワイトニングする為の検査をしてから治療に入ります。
 
2step
ファーストホワイトニング ファーストホワイトニング
カウンセリングを終えた後、歯の汚れを除去し薬剤を歯に塗布します。その後右図のような形で、熱を発しない安全な光を照射します。歯の汚れを除去して光照射が済むまで大体平均約45分間程度で終わります(照射時間には個人差があり、必ずしもその限りではありません)。
 
3step
セカンドホワイトニング セカンドホワイトニング
 
 
薬剤と疼痛感
 
ビヨンドシステムのオフィスホワイトニングでは、「過酸化水素」というホワイトニング剤を使用します。
歯のホワイトニングは、その主成分である過酸化水素が歯の中の着色物質を分解することです。
薬剤の濃度は効果に直接に関係しており、濃度が高いほど効果がありますが、同時に、エナメル質の脱水症状と考えられる「痛み」が出る事があります。
そのホワイトニング剤(過酸化水素)が着色物質を分解すると同時に歯の中の水分バランスも崩し、一時的に脱水状態にするのではないか、と考えられており、この状態が「疼痛感」となります。
歯の中の水分状態は人によりまちまちで、歯の大きい人と小さい人では全く異なります。つまり、人によって「疼痛感」が異なるのです。
この「疼痛感」は、全く歯に影響ありませんので安心してください
Beyondシステム
ホワイトニングに
使用する薬剤
 

 
 
 
帯広市 林歯科医院   小児歯科 審美歯科 インプラント 歯周病治療 口腔外科
 
帯広市 林歯科医院   小児歯科 審美歯科 インプラント 歯周病治療 口腔外科
帯広 歯科 審美歯科 インプラント
帯広 歯科 審美歯科 インプラント
帯広 歯科 審美歯科 インプラント
帯広市 林歯科医院   小児歯科 審美歯科 インプラント 歯周病治療 口腔外科 帯広 歯科 審美歯科 インプラント
帯広 歯科 審美歯科 インプラント